旧正月(ソルナル)

              図3

韓国では昔から旧正月になると家族が皆集まって、色んな食べ物を準備し、
朝早くから先祖様に感謝の気持ちで線香と蝋燭をつけてお酒を上げる
「チャレ」と言う文化があります。
各家庭や地域で祭壇に茶礼床(チャレサン)と呼ばれる20種類を超す食べ物を供え、
拝礼など一連の儀式をした後には墓参りにいきます。

    図2

旧正月は故郷の家・神戸では恒例の行事の一つであります。
朝早めに職員も利用者さんもきれいに韓国の伝統衣装チョゴリを着て
ソルナルを迎える準備をしました。

はじめに職員たちからの韓国の伝統的な挨拶「歳拝(セベ)」がありました。
韓国の伝統的な挨拶「歳拝(セベ)」とは
新年を迎え、心身を新たにし、新しいスタートを誓う意味で
韓服や新しい服を着替え目上の人に挨拶をすることを「歳拝」と言います。

そのあと、先祖様にお酒を上げて真剣な表情で礼を行いました。

図3

チャレが終わった後は
利用者さんと一緒にアリランを歌いながら伝統音楽に合わせて踊って
韓国の民俗的な祭日を楽しみました。
図1

これからも韓国の文化を大事にして皆様と暖かいひと時を過ごせていきたいと思います。


                                        <文化生活支援員 鄭>

2018.02.20 | 特養

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

コヒャン神戸

Author:コヒャン神戸
神戸市長田区で特養と通所介護、訪問介護、居宅事業所を運営しています。
故郷の家・神戸の雰囲気を感じていただけるようなブログを目指しています。
故郷の家・神戸

検索フォーム

月別アーカイブ