マノウィン

                  図3

故郷の家・神戸は、子どもたちが被害にあうのを防止するため、子どもが助けを求めてきた場合に一時的に保護する『「こども110番」青少年を守る店・守る家』に協力しております。
10月、真野地区ではお菓子をもらい遊びながらこの制度について覚えてもらおうと、ハロウィンイベント「マノウィン」が昨年に続いて、地域の企業の皆様にお菓子の協賛等を得て開催されました。

図2

利用者様はお化けのカチューシャや帽子をかぶり、仮装をしてマノウィンに参加されました。
「ハロウィンって何?」「ハロウィンはテレビで見たことがある」とハロウィンは利用者様にはあまり馴染みのある行事ではありませんでしたが、子どもが大好きな利用者様は大勢駆けつけてくる子どもたちにお菓子をあげながら、笑顔でイベントを楽しまれました。

図5
小学生や園児、その保護者ら総勢150名以上が参加して、仮装した可愛い子どもたちの大行列が続きました。

このような地域行事を通じて、真野地区の子どもたちに『「こども110番」青少年を守る店・守る家』である故郷の家・神戸を知っていただければと思っています。
これからも地域との繋がりを大切にしながら、地域に開かれた施設運営を行っていきたいと思います。



2018.10.25 | 地域のできごと

«  | ホーム |  »

FC2Ad

プロフィール

コヒャン神戸

Author:コヒャン神戸
神戸市長田区で特養と通所介護、訪問介護、居宅事業所を運営しています。
故郷の家・神戸の雰囲気を感じていただけるようなブログを目指しています。
故郷の家・神戸

検索フォーム

月別アーカイブ